1. HOME
  2. 企業情報
  3. 沿革

COMPANY

企業情報

沿革

HISTORY

1924.09 (株)川崎造船所(川崎航空機工業(株)の前身)、独ドレーガ社と呼吸器の技術提携
1927.12 国産初の1号型酸素呼吸器完成
1937.11 川崎航空機工業(株)設立
1942.01 航空機燃料タンク用消火装置の生産開始
1957.08 医療用ガス配管設備を開発、生産販売開始
1969.04 川崎重工業(株)、川崎航空機工業(株)、川崎車両(株)三社合併
1975.04 川重防災工業(株)設立
1977.04 圧縮酸素形循環式10号型酸素呼吸器完成
1979.03 消火装置パッケージシステム「ファイアゼム」量産開始
1990.10 本社・神戸工場完成 、本社を移転
1992.03 特殊ガス配管設備販売開始
1992.04 川重防災工事サービス(株)、中部医療設備(株)を吸収合併
1994.10 大阪証券取引所市場第二部株式上場
1996.02 仙台営業所開設
1996.04 陽圧形酸素呼吸器「オキシゼム11」販売開始
1998.04 広島営業所開設
1998.05 日本ホステック(株)と業務提携、窒素消火設備「KHN-Ⅲ」販売開始
1999.06 ISO9001取得
1999.12 札幌営業所開設
2000.04 有害粉じん対策呼吸保護用「ハイブリッド・エアラインシステム」販売開始
2002.04 東京証券取引所市場第二部株式上場
2002.11 ケーシーエス(株)を設立
2003.10 エア・ウォーター(株)と業務提携
2004.11 上海東朋安全設備有限公司を中国上海市に設立
2005.08 エア・ウォーター(株)が親会社に異動
2006.08 エア・ウォーター防災(株)へ商号変更
2006.10 精研医科工業(株)を子会社化
2007.07 日本ホステック(株)と精研医科工業(株)(継承会社)を合併
2007.08 エア・ウォーター(株)が株式交換完全親会社に異動。これに伴い、東京証券取引所、大阪証券取引所における株式上場を廃止
2008.02 美和医療電機(株)と業務提携
2009.04 (株)アネスを合併
2009.11 ISO13485認証「医療機器における品質マネジメントシステム」を取得し、医療ガスアウトレットとして国内メーカーで初めてのCEマーク(欧州向け製造販売許可)を取得
2010.03 医療ガスアウトレットを独マッケ社(現ゲティンゲ社)へ初出荷
2010.10 美和医療電機(株)を子会社化
2010.12 「サイレンサー付(低音圧型)噴射ヘッド」を開発
2011.03 東日本大震災により被災した100病院の点検、応急処置のため、緊急支援隊を現地へ派遣
2011.09 手術室システム「AMhouse(アムハウス)」を開発
2011.09 イグノーベル賞に「臭気警報装置(わさび臭で火災を報知)」が選ばれ、開発製造に携わった当社技術者2名が受賞
2012.01 独マッケ社(現ゲティンゲ社)が、当社子会社上海東朋安全設備有限公司で製造した医療ガスアウトレットを世界に向け販売開始
2013.06 空気呼吸器「ライフゼムA1-12」を消防庁などに初出荷
2013.10 医療ガス配管システム「AMmate(アムメイト)」シリーズを開発
2014.02 親会社であるエア・ウォーター(株)と(株)モリタホールディングスが業務提携し、当社はモリタ宮田工業(株)と消火事業の商材(スプリネクス等)で協業
2015.03 (株)山吉製作所を子会社化
2015.04 「オキシゼム114」販売開始
2015.08 ラドセーフテクニカルサービス(株)を子会社化
2016.04 神戸本社敷地内に振動試験センター開設
2016.11 (株)山吉製作所を精研医科工業(株)に吸収合併
2018.04 精研医科工業(株)をエア・ウォーター防災(株)と美和医療電機(株)に吸収分割
2018.05 神戸本社敷地内に研究開発センター開設
2018.07 オリオン電機(株)とラドセーフテクニカルサービス(株)が合併、オリオン・ラドセーフメディカル(株)が発足
2018.07 美浜事業所開設
2019.05 国際くらしの医療館・神戸、MIRAI*PARK開設
2019.12 酸素呼吸器「OXY6H」販売開始
2021.10 美和医療電機(株)を吸収合併
オリオン・ラドセーフメディカル(株)のRI事業を分割吸収
アルコニックス・三高(株)から湿式真空スプリンクラー事業を譲受