1. HOME
  2. 事業案内
  3. 医療事業
  4. 手術部
  5. 電気設備

医療事業

Medical Appliance

手術部

電気設備

病院では、手術や治療を受ける患者さんを電気的リスクから守るため、一般施設よりも高い安全基準が求められます。当社は「JIS T1022 病院電機設備の安全基準」や、医療福祉設備協会の安全基準策定にも携わり、これらの基準に沿った設計・施工を行っております。

手術室・ICUなどの電気的危険要因とその対応

電源設備

生命維持装置など、一瞬の電源遮断も許されない機器から一般機器まで、その必要性とエネルギーリソース(無停電電源・非常電源)を考慮しながら、最適な電源設備を構築します。

接地設備(等電位接地、保護接地)

手術室やICUでは保護接地に加え、等電位接地を施すことで患者さんを電撃から守ります。
保護接地は、各室に医用接地センタを設け、そこに全ての電気機器の金属筐体を接続します。機器の不良や漏電から、マクロショックによる心室細動が発生し、重大な事故に至るのを回避する目的があります。
一方、等電位接地は、患者さんから直接・間接的に触れる恐れのある全ての導電性部分を、電気抵抗が0.1Ω以下になるよう医用接地センタに集中接続し、電位差を10mv以下に抑え、ミクロショック(心室細動を誘発)を防ぎます。

非接地配線方式

非接地配線による効果
非接地配線方式は、診察・検査・治療・監視などのために電極などを患者の体内に挿入または接触し、体内処理、外科処置などを行う医用室に必要な設備です。JIS T 1022では、手術室・ICU・CCU・NICU・心カテーテル室・GCU・SCU・RCU・HCU・リカバリー室・救急処置室・人工透析室(重症者対応)・内視鏡室などが適用の対象となっており、以下のような利点があります。
1. コンセントに接続した医療機器に不具合があってもブレーカーが落ちない。
2. 絶縁監視装置により、コンセントに接続した医療機器の絶縁不良による危険度がわかる。
3. 適正値を超えた医療機器の不具合が発見できる。

非接地配線方式の構成

● 絶縁変圧器(アイソレーショントランス)
容量:3kVA / 5kVA / 7.5kVA
● 絶縁監視装置(アイソレーションモニター)

電流監視設備

電流監視装置は、過電流による電源遮断を未然に防止し、定格電流値の80%使用状態で警告し、100%の直前で警報を発します。各アイソレーショントランス系統を監視するタイプ(30A/50A/75A)と、各コンセント系統を監視するタイプ(20A)を取り揃えています。