1. HOME
  2. 事業案内
  3. 新規事業
  4. 振動試験の流れ

新規事業

Other Businesses

新規事業

振動試験の流れ

振動試験の工程(例)を以下に示します。

STEP1|試験準備

①試験計画

・試験体の寸法・重量・重心・据付方向等、試験に必要な情報を確認します。
・試験体情報を基に、試験条件を決定します。
・試験条件を実施可能な振動試験装置を選定します。
・試験体情報、試験条件から、スケジュールを策定します。

②治具の設計・製作

・試験体の取り付け方法(自立or壁掛け)および取り付け寸法を確認し、治具に反映させます。
・加振条件に影響しない強固な治具構造を検討します。

STEP2|試験実施

健全性確認

外観検査:機器の外観に機能を損なうような変形、割れ等の異常がないことを確認します。
機能検査:機器が正常に作動することを確認します。

共振探査試験

機器の振動特性(振動を加えたときの機器の振れ方)を確認します。
【振動特性】
① 固有振動数
② 応答倍率

耐加速度試験

健全性確認

限界加速度試験

健全性確認

所定の耐震性を有しているかを確認します。
◆加振試験後の健全性確認にて判断します。

【健全性確認】
<加振前> 外観検査、機能検査
<加振中> 誤作動しないことの確認
<加振後> 外観検査、機能検査

STEP3|試験結果のご報告

試験データの分析

機器の振動特性(振動を加えたときの機器の振れ方)を確認します。
【振動特性】
① 固有振動数
② 応答倍率

試験結果報告書提出

試験完了後、およそ1ヵ月後に提出いたします。
速報データは試験翌日から提出可能です。