1. HOME
  2. 事業案内
  3. 消火事業
  4. スプリンクラー消火設備

消火事業

Fire Extinguishing System

消火事業

スプリンクラー消火設備

スプリンクラー消火設備は、誤作動や配管の経年劣化による漏水などによって水損・汚損を発生させることがあります。当社の提案する真空スプリンクラーシステムは、配管内を負圧に維持することで、水損事故だけでなく配管の劣化も防ぎます。水損リスクを軽減できることで建物としての価値向上が図れ、また、既存配管をそのまま利用したシステム導入も可能なため、改修工事にも適しています。

負圧乾式 予作動式スプリンクラーシステム

配管内を負圧空気で満たしておくことで、経年劣化や腐食が原因で起こるピンホールによって発生する水漏れを最小限に抑えることが可能です。非火災時にヘッドに衝撃が当たるなど、万が一異常が発生した際も、水損事故を起こしません。また、真空ポンプのバルブ操作だけで簡単に水抜きが可能で、メンテナンスにかかる人員・時間・維持管理コストを大幅に削減することができます。

負圧湿式 予作動式スプリンクラーシステム

配管内の水圧を大気圧より低い負圧水にすることで、配管を腐食から守り、寿命を延ばすことが可能になります。また、経年劣化や腐食が原因で起こるピンホールによって発生する水漏れを低減することが可能です。配管が破損しても、真空ポンプが自動起動しスプリンクラーの水損を軽減できますので、地震の対策としてもおすすめです。

SP真空ポンプ

110L/minの吸引力で 『水』 と 『空気』 を確実に吸い取り、短時間にスプリンクラー配管内の水抜きができます。既存のスプリンクラー設備配管はそのままの状態で、全てのスプリンクラー設備に設置可能です。

バルブ操作だけで簡単に水抜きが可能
配管の寿命を延ばす
スプリンクラーヘッド破損時などの水損を軽減